少女☆歌劇レヴュースタァライト第四話「約束タワー」

スタァライト。結ばれる絆、引き裂かれる運命、それでも2人で星を摘みに行く。

華恋とひかりが和解して、それで帰ったら、待っててくれた仲間たちのことが見えるようになった。

クラゲは、どうすればいいかわからないふわふわした心理の投影にも見える。

ふわふわと水族館を転々するひかりを追う華恋。転校してから、なかなか直接は話せなかったけど、電話で距離を縮めて、約束のタワーで邂逅する。公園の滑り台の上でタワーを見る。

 2人が目指すものを確かめ合って、滑り台からタワーを見る。あえてスカイツリーを登場させておいて、目指すものはスカイツリーではなく東京タワーで。それぞれの決意を確かめ合って、高め合って。1話を経てなおまだ自分では起きられていなかった華恋のリベイク・フルシティ。

ノローグ合戦のトリックを逆に利用して長電話を際立たせ、過ごした時間のズレを少しずつ埋めてゆく。

ひかりちゃんのコミュ障ツンぶりが異常。青地にシロクマ。

観光地を歩くひかり、なんでもない路地を走る華恋。最後の方1箇所だけ、ひかりが歩道橋の上を通って、華恋が石造りの公園みたいなとこを通ってて、観光地と路地の中間くらいに。

最後に並べられるクマとクラゲのぬいぐるみは、ひかりと華恋かもしれないし、ひかりの構成要素の1つかもしれないし。1人でクラゲを見て「どうして負けたの?」と聞く決心がついて、それからは電話しながら観光してるし、でも最後に東京タワーのクラゲはとってあるし(結局見られなかったけど)。クラゲはひかりの迷いであり、ふわふわした華恋であり、ひかりにとっての2人の夢なのかも。「2人でスタァになる」というのは、具体的ビジョンは曖昧だが確かに存在する、ぷよぷよだけどコリコリしたクラゲのイメージなのかも。この要素は華恋的でもある。ひかりと華恋が横並びになったとみた方がスッキリ簡潔ではある。

 

 

一方、天堂×西條、石動×花柳もレヴューを通じて新しい面が見えてきて。

西條さんを気遣う天堂さんの聖人ぶり。レヴューの話になるとはぐらかしてしまう石動さん。遠くて近くて、近くて遠くて。まひるちゃんは一貫して遠いので悲しい。

なんだかんだ去年も学園祭やってるだけあって、みんな仲良いというか仲間思いなんだよね。ひかり来訪とレヴュー開始で色々動き出した感じでしょうか。

 

今回はレヴューなし。魂のぶつかり合いによって再生産され、再生産された魂がぶつかり合う。そういう意味では華恋×ひかりは再生産され、九九組というコミュニティに入っていく。

2人の約束を果たすべく戦いが始まる。のかな

 

前に自転車で東京観光した時に東京タワーの周辺とか巡ってたから見覚えのある風景も多くて楽しかった。架空の聖翔学園が舞台でありながら、東京タワーをはじめ聖地化される都内各地。虚構と現実を溶かす「聖地化」は最近の関心でもある。

サンシャイン水族館池袋駅)、しながわ水族館大森海岸駅)、すみだ水族館押上駅)、東京タワー水族館。あと浅草と上野と月島と新宿御苑と。池袋と浅草と東京タワーは行ったことある。