読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊戯王《水晶機巧》相手ターンシンクロまとめ

クリストロンデッキを使っていて、相手ターンのどのタイミングでシンクロ召喚していいのかメチャクチャ迷ったから調べました。wiki等の文章をクリストロンの効果向けにまとめなおしてみた。

  

 まずチューナーの効果から。

水晶機巧チューナー

「水晶機巧-〇〇」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):相手のメインフェイズ及びバトルフェイズに発動できる。

〇〇からチューナー以外のモンスター1体を効果を無効にして特殊召喚し、そのモンスターとこのカードのみを素材として機械族Sモンスター1体をS召喚する。

 

《フォーミュラ・シンクロン》

(2):相手メインフェイズに発動できる。

このカードを含む自分フィールドのモンスターをS素材としてS召喚する。

 クリストロンチューナーの共通効果および所謂アクセルシンクロと呼ばれる相手ターンにシンクロできる効果は誘発即時効果スペルスピード2に分類される。

で、この誘発即時効果が相手ターンのどのタイミングに使えるのかということが知りたい。
 ここで登場するのが「優先権」。まずはwikiの説明から。

 

優先権/Priority

  各フェイズやステップでカードを最初に発動する権利は、常にターンを進めているターンプレイヤーにあります。これをターンプレイヤーの「優先権」といいます。
 相手プレイヤーは、ターンプレイヤーが優先権を持っている限り、自動的に発動する誘発効果以外は、先にカードを発動する事ができません。
 「優先権を行使してカードを発動した場合」と「優先権を放棄した場合」、優先権は自動的に相手プレイヤーに移ります

 

 つまり、相手ターンに優先権が相手プレイヤーから自分に移った時に、誘発即時効果の発動、すなわち相手ターンシンクロが行える。

 

 ひとつめ

以下の発動をした場合(直後に優先権は相手に移る)
  • スペルスピードに関わらず、魔法カードと罠カードのカードの発動時および効果の発動時。
  • 効果モンスターの起動効果、誘発即時効果、誘発効果の発動時。

カードの発動にチェーンして別のプレイヤーが効果を発動できるのはこのルールによるもの。ここで効果の発動に対してチェーンする権利をお互いに放棄すると、効果の発動が終わって効果の処理が始まる。

 

このルールに従いチェーンを組んでシンクロすると、

例えばチェーン1に相手が効果発動、チェーン2に効果でシンクロ召喚、とすると、

逆順処理が行われて、チェーン2のシンクロ召喚→チェーン1の効果処理、となるから

召喚に成功した後にチェーン1の処理が挟まるから「召喚に成功した時」っていうタイミングがなくなる。 チェーンの処理中に新しい効果は発動できない(チェーンブロックを組めない)。

「召喚に成功した時」がなくなると、《奈落の落とし穴》や《激流葬》の発動タイミングがなくなるので、召喚が妨害されにくい一方で、《ブラックローズドラゴン》や《氷結界の龍トリシューラ》のように「このカードがシンクロ召喚に成功した時発動できる」と書かれた時の任意効果も発動タイミングを失ってしまう点に注意。

 

 

 ふたつめ

 ターンプレイヤーが各フェイズ、各ステップを次に移行することを示すこと、および、その行動を相手プレイヤーが承認すること。

 

相手のメインフェイズ終了時にブラロぶっぱとかはこれ。

でも、メインフェイズ中にシンクロ素材モンスターを除去されるとコレは決まらない。

なーんだ、相手ターンブラロぶっぱってあんまり出来ないんじゃないの?

いえいえ、そんなことは御座いません、ちゃんとチェーン1で相手ターンシンクロできるタイミングはまだあるのです。

 

 

 みっつめ

  • 優先権の放棄について。
    優先権の放棄をする必要のある行動は以下のものがある。
    これらの行動は「お互いの優先権の放棄」をした直後、ターンプレイヤーができることである。
    • カードをプレイする場合
      メインフェイズにて、何らかのカードプレイをした後に新たに次の内容のカードプレイをしようとするとき。
      • モンスターの召喚・反転召喚・特殊召喚、表示形式の変更
      • カードのセット
      • スペルスピード1の魔法カードの発動
      • モンスターの起動効果の発動
      何も言わずにターンプレイヤーがこれらの行動を引き続き行おうとした際に相手が異議を唱えて巻き戻す事が可能である。
      すなわち、一つ目の効果処理直後のタイミングに戻りクイックエフェクト(スペルスピード2以上の効果)を発動することができる。

 

つまり、効果の処理が終わってから、次に新しくスペルスピード1にあたる能動的な行動をする前に、「効果解決時の処理直後」というタイミングが挟まるから、そこでクイックエフェクトをチェーン1として発動する権利があるということ。

例:《テラ・フォーミング》でフィールド魔法をサーチした後、発動する前に《マインドクラッシュ》で落とされる等

 相手ターンにチェーン1でシンクロ召喚すると、「召喚に成功した時」のいわゆる奈落タイミングが発生するので(《融合》などのチェーンブロックに乗る特殊召喚と同じ)、連続して相手ターンシンクロが狙える。あるいは、シンクロ召喚する効果の処理が終わった後に再びこのタイミングが訪れる。いずれにせよ連続シンクロは出来る。

 

優先権絡みのタイミングはたぶんこの3通り。

 

クリストロンだと、クリストロンチューナーの共通効果でシンクロチューナーをシンクロ召喚した後に、シンクロチューナーの効果で大型シンクロを立てることが多いから、シンクロ効果の発動タイミングは多ければ多いほど良いわけで、タイミング知ってると知らないとでプレイングが全然違うよなーと思う。

 

間違ってるところがあったらコメント等指摘お願いします。