革命機ヴァルヴレイヴ 第3話「エルエルフの予言」

下書きが2回消えた。つらい。チマチマ保存しないとダメかね

 

・エルエルフの予言

 「ハンドマイク、地震、暴走、3時14分。答えはお前の後ろにある。」エルエルフがハルトを口説きにかかってるの図。幾らでも機転を利かせられるような曖昧なことしか言ってない。よね。ポイントだけ抑えてるっつーか

 

・「残っている大人は私と物理の貴生川先生だけで、ほっとしました。」

 ここまで、大人と子供を意識させるセリフは多い気がする。

 

・サキ「祠が、何?」

 ここの前のハルショーのセリフが聞き取れません。うーん、祠には聞こえないんだな。

 

・ネジに手をかけるエルエルフ

 あたりを見回した後、ネジに手をかけてニヤッとしてる。これ「また勝ったよ、リーゼロッテ。」だよね。たまたまネジが緩んでたんじゃねーの?

 

・2回目のカミツキの発作

 サキは、ヴァンパイアみたいに と表現した。ハルトは、みんなにも何をするかわからない!って、これは狼男っぽい。アイナちゃんは肯定的。呪いから祝福か、決めるのは観測者自身。

 襲いかかるときはカミからシモに。ショーコといるときのハルトは基本シモに陣取ってる。

 発作の時は赤血球みたいなのが黒くなって カミツキの紋が浮き上がる。

 

・プールの底から出てきたヴルトガ

 1話で、プールの底からヴァルヴレイヴ出てきたのはマジンガーZ、ショーコ が爆発に飲まれたのとか、ハルトがなりゆきで壱号機に乗ったのはガンダムのオマージュだとか。昔のアニメには詳しくないのでこういう観点からは あまり触れられないけど

 

・ハルトのWIREDアイコン

  真ん中に太陽、同心円状に雲。ダイソンスフィアの構造だよね。八咫烏とかレイヴの輝きとか「火人」「火神鳴」「火ノ輪」「火打羽」「火遊」みんな「火」だとか虹とか、みんな太陽。

 太陽はいのち、太陽崇拝は生命への崇拝、ヴァルヴレイヴがもたらすは永遠の生命。

『ハムエッグは世界・太陽はいのち』(革命機ヴァルヴレイヴ第09話「犬と雷」感想&テーマ考察) : LOVEの穴

 

・「自由を取得した。これよりプランD7を開始する。」

 予言の時点から作戦始まってそうだけどね、予言を現実にするためのプランなのかな。

 

・「お忘れですか?彼の二つ名を。」

 隣の艦長に対してやたら冷静。

「8本腕だと?」「元の腕も合わせて10本です。」の時と似てる感

 

・「やはりあいつだけがイレギュラーだった」

 イレギュラーはヴァルヴレイヴとハルトとショーコ。強襲と奪取と契約。エルエルフはこれらに対しては警戒してるというか一目置いてるというかそんな感じする。

 

・写真を見るハルト

 ハルトの顔だけ輝いてない? 死んだみたいにw

 

・「アイツだよ!アイツが言ったんだ!」

 霊屋たちの周りに人が少ないのが気がかり。ショーコとマリエの周りはいっぱい人いるから、意図的に描き分けてんじゃないかな。霊屋たちが乗り場側にいたなら、乗り場側の校舎窓から乗り場を見てるのはハルトだけ。山田はエルエルフに剥がされてるし。

 山田とエルエルフの因縁がよくわからんが、エルエルフが校舎散策してるときにでも会ったのかな。なんにせよ山田を剥がさないとドルシアを革命するだなんて言えないから結果オーライって感じ

 

・契約を迫るエルエルフ

 「俺たちはドルシアを革命する。」

リーゼロッテの夢、半分この世界を作る、そのためのドルシアの革命、そのためのリーゼロッテ救出。でも約束のことは教えないよ

『[ハルト]+[ショーコ]+[エルエルフ]=[ヴァルヴレイヴ]』(革命機ヴァルヴレイヴ テーマ考察) : LOVEの穴

『エルエルフは砂糖より甘い悪魔の果実』(革命機ヴァルヴレイヴ第07話「瓦礫の下のハルト」&第08話「光の王女」感想) : LOVEの穴

 

最初書いてたやつよりだいぶ短くなっちゃったな。

もうちょい上手い書き方はないもんかな~...